モテるMen’sの着こなし術

大人の男はオシャレに気を付けろ!

財布の修理

財布には性別や年齢に問わず使用されるものですが、中でも一定の年齢を過ぎている方の場合では、高額な財布を使用されている方もいます。
世界的にも有名なファッションブランドなどでも、アイテムの一つとして財布を販売していることもあり、人気の商品とされているものも存在しています。
高価な財布ならば勿論のこと、値段に関わらず気に入って購入した場合や、プレゼントなどで贈られた大切な財布の場合では、一度手にすると長きにわたって使用することを続ける方も大勢います。
財布は毎日のように使用するアイテムで、常に持ち歩くことも多いために、自然と愛着が出てしまうものでもあります。
長年にわたって使用している財布ならば、必然的に傷みというものが発生してしまうことがあります。

修理サービスを利用して財布を使用する事

例えば革製の財布の場合では、周囲の縫い目がほつれてしまったり、帯などが付いている財布の場合では、帯がちぎれそうになることもあります。
また、財布の中や表面にファスナーが付いているタイプのものでは、ファスナーが破損してしまうこともあります。
さらに財布の種類によっては、ホックや口金といった金属製のパーツが取り付けられているものもあり、経年劣化によって傷みが発生することも多々あります。

このようなケースでは、そのまま使用することを続けて、あまりに傷みが激しくなった時に新たに財布を買い替える方もいますが、中には修理を行って大切に使用することを続ける方もいます。
特に愛着を持って使用しているならば、修理を専門として行っているサービス店などに依頼をすることがお勧めになります。

財布を自分で修理してみる

軽度な傷みとして、例えば札入れ部分の縁が破れてしまった場合などでは、状態によっては接着材を用いることで修復できる場合もあります。
接着剤でお勧めとなるものは、2液性の接着剤で革に適したものです。
他には財布の縁の糸がほつれを起こしてしまっている場合では、簡易的に同じカラーの糸を用いて縫い込むことで、比較的簡単に修理を行うことは可能です。

しかし、あまりに損傷が激しい場合では、やはりプロの財布修理を行うお店にお願いすることが何よりです。
専門業者では、素人では難しい修理でも行うことが可能で、例えば糸のほつれに対しても、新品と変わらないほどの完成度で修理することができ、長財布などで内側にファスナーが付いているタイプでも、ファスナーのみを交換することもできます。
また、内張りの交換や、難しい技術を要する財布の角の傷みの修復なども手掛けているために、大切な財布を長期にわたって使用することができます。

pickup

ピアノ買取
http://www.piano-plus.com/
保育士 派遣 大阪
http://www.bellsante.co.jp/
ブランド品買取・質屋なら、【大阪屋】
http://oosakaya78.jp/
びわの種
http://www.biwagenki.com/
エステ 東京
http://angelux.jp/

Copyright(c)2008 大人の身だしなみ. All rights reserved.